メニュー

借金生活が終わりました

キャッシングの出来るカードを持っていると、それがまるで自分の口座のキャッシュカードであると勘違いして使ってしまうことがあります。私がそうでした。最初に引き出したのは2万円だったと思いますが、気が付くと限度額一杯まで借りていたのです。

 

返済の為にキャッシングするという本末転倒の状況になり、それは7年ほど続いたでしょうか、ある時ついに返済が不能になりました。私は思いきって弁護士に依頼して、債務整理を行いました。

 

依頼した時点で支払いが一旦ストップしましたので、今から思うともっと早く相談すれば良かったと思うのですが。まず消費者金融から取引履歴を取り寄せ、そして再計算をするとのことで、その結果が2ヶ月後に報告されました。

 

すると過払い金が発生していることが分かり、つまりそれは相殺によってほとんど借金がなくなるということだったのです。交渉もスムーズに進み、残り数千円を払って私の借金生活は終わりました。今は晴れ晴れした気分の毎日です。

 

債務整理は早めに行いたい

今後の支払いが出来なくなりそうと感じるのであれば、債務整理は早めに進めておきたい手続きと言えます。もちろん自分で返せるならそのまま払った方が良いですが、厳しい場合には借金が返せない場合の債務整理にもあるように、いくつかの手続きで債務整理を行うと良いのです。