メニュー

債務整理の基礎知識

日本では、借金を苦に自殺する人が後を絶ちません。ですが、多くの場合、借金のトラブルは法的に解決することが可能です。その代表的な手続きが債務整理です。債務整理とは、簡単言うと、法的な効力によって借金を一度整理し、借金に苦しむ人の生活を再生するための制度です。代表的なものとして、自己破産と呼ばれる手続きがあります。

 

自己破産とは、債務整理のひとつで、裁判所に申し立てをして借金を帳消しにしてもらう制度です。それと引き換えに一定の財産を処分しなければなりませんが、重い借金の返済から解放されて、新たな生活をスタートすることができます。

 

また、債務整理には、他にも任意整理と呼ばれる方法があります。これは読んで字のごとく、「任意で借金を整理する」ということです。つまり、裁判所などの公的な機関を通さずに、弁護士などの専門家に依頼し、債権者と直接の返済額などについて交渉を行います。この交渉の過程で借金の返済額が大きく減額されることがあります。

 

なぜならば、借金の返済に苦しんでいる方の多くは、実際に自分がどれだけの利息を支払わなければならないか正確に把握していないのが現状であり、利息制限法などの法律に定められた以上の利息を請求されているケースがあるためです。

 

債務整理は、借金で困っている人を救うために法的に認められた制度です。ですので、正しい法律知識を身につけることが借金問題解決への第一歩となります。

 

自分に合う債務整理方法を見つけるなら、信頼の出来る弁護士での債務整理相談を行うようにしてください。