メニュー

闇金は違法な貸付を行っている

正規の貸金業者から借りられない人に対してお金を貸す闇金融は、違法な金利設定と取り立てにより、非常に暴力的な行為を行ってきます。一度でも借りてしまうと後々で大変なことになり、自分自身だけでなく周りの家族や会社にも何かと迷惑がかかってしまいます。

 

だからと言って、闇金から請求がされる法外に高い利息は支払えませんし、じつは支払う必要もありません。闇金のような法的に違法な貸付は支払いが必要ないとされているので、元金すらも払わなくても良いのです。

 

 

ただ、自分ひとりで「払いません」と闇金に対して突っぱねたところで、何も解決はしないでしょう。安全に闇金の借金を片付けたいのであれば、自分だけでなく専門の法律事務所の力を借りるべきです。

 

詳しくは闇金対策に強い法律事務所を見ておきましょう。

 

闇金問題と借金問題解決方法

闇金というと乱暴な取立てを行なう業者と言うイメージがついていますが、いかにも悪質業者と言う感じではなく一見闇金とは分からない業者もいるのです。10日で5割の利息など誰が聞いてもおかしいと分かる暴利を取るのではなく法定金利より数%多く徴収して利用者に気付かれないように利息を少し多めに取っている所もあるのです。

 

ほんの少し多めに取られていただけでも長期利用していればその額は多くなっています。気付かないうちに多く取られていた場合でも弁護士に相談すれば払いすぎた分をしっかりと返還させる事が出来ます。闇金だと分からないような業者であっても返還トラブルに発展するとなれば豹変する事もあるでしょうし、今までなかった場合でも恐喝行為などが行なわれる事も考えられます。

 

弁護士が間に入った場合、訴訟の可能性も視野に入りますしそうなるとどう考えても犯罪行為を行なっていた闇金に勝ち目はなく不利になる事は明白ですから違法業者側が折れてくることが予想されます。弁護士に間に入ってもらう事によりもつれる事無く借金トラブルが早期解決へと向かうのです。

 

こういった行動を起こす事により、金銭消費貸借契約もなくす事が出来ますし同時にお金を払いすぎていた場合にはしっかりと返してもらえます。

 

甘い誘い文句に引っかからないようにする

闇金は甘い誘い文句で貸付を行いますが、借りてしまうと態度を豹変させます。一日でも遅れようものなら激しい取り立てが行われてしまいますので、絶対に利用をしないようにしてください。

 

もし借りてしまった場合には、以下の撃退方法を参考にして今後の動きを考えておきましょう。

 

簡単な闇金撃退法

闇金とは恐ろしいものです、今までにその厳しい取り立てを苦にして自殺した人も大勢います。しかし、近年ではその取り締まりもかなり強化されていますので、今や闇金の対しては、民事不介入とは呼べないのです、警察も動いてくれますし、そういったことを専門としている弁護士さんもいます。今や、そこまでの脅威ではなくなったと言えるかもしれません。

 

闇金に対する取り締まりが厳しくなる以前は、警察も民事不介入を守っていたので、簡単には動いてくれませんでした。なにより対処法を警察自体も決まっていなかったこともありました。今は少しの証拠でも動いてくれるようになっていますし、元々怪しい金融業者を警察はマークしていることもあって、そこのリストに該当する金融業者に対しての被害届けが受理されれば、逮捕されるのは時間の問題でしょう。

 

現在そういったことが闇金業者の間でも問題になっているので、今は形を変えて営業しているところも多く存在しています。それは、金貨金融と呼ばれたり、リース金融と呼ばれたり、さまざまな手口が存在しています。しかし、こういった方法でやっても近年では実質的に闇金ということで裁判にも判例がでてきています。今後ははもっと闇金に対して厳しくなっていくでしょう。

 

また、闇金の対応に対して強い弁護士や司法書士に依頼をするのも良い解決方法となりますので、闇金に返せない場合も参考にしておいてください。